前の記事へ 〈 美容大国 〉ハンガリーのお話 次の記事へ
 

ハンガリーウォーターの伝説

 
 

お肌の酸化に立ち向かう、
癒しと気もち良さのスキンケア。

      
その歴史は、
こんなロマンティックな伝説から続いています。


 
 

14世紀のハンガリー王妃エリザベートは
70歳を過ぎ、リウマチの悩みに
   苦しみながら過ごしていました。


ある日、隣国ポーランドの若き王に
一目惚れしてしまった彼女は、
「なんとか昔の容姿を取り戻し、 
          彼と付き合いたい…」
と思うようになります。

ついに、森に住む隠者に相談に行くことを
決心した彼女は、その道中で会ったみすぼらしい身なりの男に、心優しくもマントと食べ物を与えてあげるのでした。

…実は、その男こそが隠者だったのです。

男はいたく感謝し、
お礼に“若返りの水”の処方を王妃に教えてあげました。

王宮に戻った彼女は、さっそく処方どおりに
数種のハーブをブレンドした香水を作り、試してみました。

すると、どうでしょう!

リウマチは治まり、肌も若返り、
エリザベートは日ごとに美しくなっていったのです。

そしてその噂は隣国まで鳴り響き、
なんと彼女は、ポーランドの若き王から求婚されたのだそうです。



『ハンガリーの奇跡の水』…その伝説はやがて伝統となり、

ハンガリーを“美容先進国”と言わしめるほどに発展しました。

その伝統は、この 『ハンガリースキンケア』シリーズ
にも受け継がれています。


永遠に若く、美しく…王妃エリザベートの夢は、全女性の夢。

初めて手にする。肌にのせる。
その瞬間からあなたの肌の未来予想図が、
大きく変わってきます。


美肌先進国ハンガリーの伝統と自然の技術。ぜひ実感してみてください。

 
前の記事へ 〈 美容大国 〉ハンガリーのお話 次の記事へ
 

About the owner

Top